第3回 知っておきたい家庭介護 講座

今日、知っておきたい家庭介護 講座に行ってきた。
今日は実際、寝たきりの人になって電動式のベッドを体験したり、車椅子にのってみたり、重りをつけたり、関節を動かないようにしたり、目を見えにくくして老人、障害のあるかたの感じを味わうといった授業だった。

ベッドは電動になって便利になっているとはいえ、やはり動けない人にとっては、電動ベッドを上下したりするときに
身体が引っ張られたり諸々あって、大変だった。介護をする人はちょっと介護されている人の身体をゆすったりして身体がつっぱらないようにしないといけない。
床ずれにもなるし、やはり寝返りをうったりさせて身体を動かしてやらなければならない。ちなみに床ずれになるには、例えば指で皮膚を押してみて白くなる程度の圧が2時間かかった時になるようだ。ずっとねたっきりであれば同じ場所にそれ以上に圧がかかるので動かしてあげなければならない訳だ。

車椅子は、6車輪の小回りが効くやつや、超福祉国家のスウェーデンのやつ(すごく頑丈に出来ている)等のってみた。スロープちょっとの坂なのに非常に大変でした。

お年寄り、障害のあるかたを体験するというのは今日は自分はしなかったが、以前なんの時か、どこでかも忘れたけれどしたことがある。関節曲がりにくいので階段のぼるのも大変だし、視野が狭くなるし、視力も悪くなるし、非常に居心地が悪い。

介護の大変さに少しはふれれたし、される側の大変さにもふれられた。両方の立場をしっておくということは大事なことだと思います。お互いをおもいやらなければなりません。

再来週でこの講座も最後です。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホームページ
プロフィール

tm natural body

Author:tm natural body
宮崎で隠れ家リラクゼーションスペースと出張のタイ古式ボディーケア natural body careです。
タイ古式マッサージ、フットマッサージ(リフレ)、ヘッドマッサージ、トークセン(木槌で筋肉、腱をたたき、こり、張りをほぐす方法)、ペアストレッチ、スポーツコースを行っております。
タイ チェンマイにて 指圧中心のバンコクスタイルと ストレッチも多く取り入れた色々な手技のチェンマイスタイルを学ぶ。フットリフレ、トークセン、ハーバルボール、ヘッドマッサージ、オイルマッサージ、ホットストーンマッサージ、チネイザン(気内臓デトックス)、ルーシーダットン、ハーブ製品作り等も学ぶ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
2806位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
癒し
365位
アクセスランキングを見る>>
拍手
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

携帯ブログ QRコード
QR
ブログランキング