起きられない10の原因と対処法 2

起きられない10の原因と対処法(梶村尚史氏監修  起床術より)です。
3月号では睡眠不足型・悪い生活習慣型・体内時計故障型と3つ書きましたが、
その続きです。


緊張型
強いストレスで、夜中になんども目が覚めたり、眠りが浅くなったりします。ストレスで、アドレナリンがでて覚醒のレベルがあがってしまう為です。さらに眠れないことがまたストレスにということにも。就寝1時間前をリラックスタイムにして、好きなことをしたり、ぼーっとしたりして、気持ちを楽にすると寝つきがよくなります。

現実逃避
悩みがあると、憂鬱で、目が覚めても、布団から出られません。頭やお腹が痛くなって会社や学校を休む人もこのタイプです。内向的な性格で、他人からの批判に過敏な人は要注意です。さらに、回避型人格障害になると深刻化しやすいので、カウンセリングを受けたり、職場や学校とよく相談したりして、早めに手を打ちましょう。

抑うつ型
憂鬱な気分や沈んだ気持ちが強くて起きれない人は、抑うつ状態が原因です。早朝に目が覚めてしまう、寝つきが悪い、これまで興味があったことを楽しめなくなる、などに当てはまる場合は、うつ病の可能性があります。また、季節性うつ病というのもあります。秋から冬にかけて睡眠時間が長くなり、食欲が旺盛で、体重増加が著しいときは、それ かもしれません。うつ病のタイプによって治療法が異なります。早めに専門医 の診察を受けましょう。

長くなりますので、今月号もここまでで。他諸々いろんな原因がありますが、上手くストレスを解消したり、あまり深く悩まない事が大切といえますね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホームページ
プロフィール

tm natural body

Author:tm natural body
宮崎で隠れ家リラクゼーションスペースと出張のタイ古式ボディーケア natural body careです。
タイ古式マッサージ、フットマッサージ(リフレ)、ヘッドマッサージ、トークセン(木槌で筋肉、腱をたたき、こり、張りをほぐす方法)、ペアストレッチ、スポーツコースを行っております。
タイ チェンマイにて 指圧中心のバンコクスタイルと ストレッチも多く取り入れた色々な手技のチェンマイスタイルを学ぶ。フットリフレ、トークセン、ハーバルボール、ヘッドマッサージ、オイルマッサージ、ホットストーンマッサージ、チネイザン(気内臓デトックス)、ルーシーダットン、ハーブ製品作り等も学ぶ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
2422位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
癒し
299位
アクセスランキングを見る>>
拍手
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

携帯ブログ QRコード
QR
ブログランキング