雨の頭痛、だるさ、古傷の痛み

梅雨の時期、というか雨振りのときに頭痛になる、身体がだるいという方は多いです。
気圧が低いということは酸素濃度が低いということなので、高山病の症状と同じで脳に酸素がめぐらなくなり、頭痛を起こすというものです。
気圧が低くなってくるのに伴い、頭蓋内の組織である脳・血管・末梢神経が圧迫されることによって生じるとも考えられます。(下記のポテトチップスの袋と同じ考えです)
また鼓膜の内側と外側でうまく気圧の調整ができていないということも考えられます。飛行機にのっていて耳がツーンとすることがあると思います。高度が変化したことによって、気圧が急激に変化し、鼓膜の内側と外側で気圧差が生じて起こるというものです。さらに、これによって三半規管などの耳の内部で体の平衡感覚をつかさどる器官にも影響が出るので頭痛が生じます。
また古傷が痛むという方もおられます。
気圧が低くなると身体がむくむ。
つまり、低気圧がくると、体が膨張してしまい、高山病に近い症状になります。飛行機の中とか高い山でのポテトチップスの袋とか、ペットボトルがパンパンになっているのと同じ状態に人間の体もなります。
特に「古傷」が影響を受けやすいです。
「古傷は、大きな負荷がかかって、いったん組織が破壊されてしまった場所です。見た目には傷が治ったようであっても、毛細血管の本数は少なくなり、血液が流れにくい場所になっています。そのため、気圧の低い雨の日などには、血液の循環が悪くなり、疼く、痛むなどの症状が起こります。悪いもの(発痛物質等)がうまく流されていないんですね。
こういう時は、ゆっくりお風呂にでも入って、体をあたためて、楽な服装でリラックスしてください。塩分も身体むくみますからよくありません。

低気圧との関係はいろんな意見がありますので、自律神経との関係とか、ですのでこれが正解というわけではありませんが、一理あるとは思います。人間の身体は複雑です。

ちょっと別の考え方も抜粋しておきます。どちらもそうだと思います。
気圧というのは大気中の酸素分圧で決まりますが、低気圧では気温が上がり上昇気流が発生、大気中の酸素の濃度が下がります。そこで生きてる我々は少ない酸素濃度で呼吸することになりますが、それに対応する自律神経の働きになってきます。高気圧と違って酸素が少なくなると自律神経は副交感神経を優位にしていきますが、この時免疫系も変化します。気圧の低下とともにリンパ球が増えてくるのです。
副交感神経が優位になってリンパ球が増えてくると血管を拡張し血流量を増やし、痛みや発熱を起こすプロスタグランジンなどのホルモンが分泌されます。これが痛みの原因です。
健康な人であれば自律神経も安定し多少の酸素濃度の変化には適応できて痛みなど感じることはありませんが、もともと自律神経に偏りがあって病気を内在してる人、神経痛、頭痛、など痛みを抱えてる人や、リウマチで関節痛のある人、怪我をしたり手術をした人、昔の古傷がある人などは痛みがぶり返すことは珍しくありません。

疼くという意味ではこっちの方が一理あるかもしれません。ほんと複雑ですね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホームページ
プロフィール

tm natural body

Author:tm natural body
宮崎で隠れ家リラクゼーションスペースと出張のタイ古式ボディーケア natural body careです。
タイ古式マッサージ、フットマッサージ(リフレ)、ヘッドマッサージ、トークセン(木槌で筋肉、腱をたたき、こり、張りをほぐす方法)、ペアストレッチ、スポーツコースを行っております。
タイ チェンマイにて 指圧中心のバンコクスタイルと ストレッチも多く取り入れた色々な手技のチェンマイスタイルを学ぶ。フットリフレ、トークセン、ハーバルボール、ヘッドマッサージ、オイルマッサージ、ホットストーンマッサージ、チネイザン(気内臓デトックス)、ルーシーダットン、ハーブ製品作り等も学ぶ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
1977位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
癒し
238位
アクセスランキングを見る>>
拍手
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

携帯ブログ QRコード
QR
ブログランキング