体の冷え

体温を上げると健康になるという本、よく本屋さんで見かけますね。

確かに体温が1度上がると基礎代謝は約14%あがると言われています。
体温は免疫力の指標にもなり、通常36,5~36,7度が保たれていると免疫が活性化していて、それ以下になると、身体のだるさを感じたり、自律神経失調症、アレルギー症状、自己免疫疾患などにかかりやすくなると言われています。
体温を上げるためには、血液循環を高めることがポイントです。

逆に血の滞りによってあらわれる症状として
•高血圧•動脈硬化•高血糖•高脂血症•脳卒中•ガン などがあります


免疫力は生活習慣の乱れや加齢などを要因として低下しますが、身体の冷えからも衰えてしまいます。体温が下がるとは免疫力 の低下以外にも代謝機能や排泄機能が下がり、がんの発生率が高まります。
がんの発生率が上がりやすいとされる体温は35度と言われており、低体温症や冷え性と言われる体温です。逆に高熱状態になるとがん細胞が死滅しやすくなるようです。40度前後の発熱をしたがん患者が、病状が落ち着いてから検査をした結果、がん細胞が全滅したというデータも報告されています。


ストレスも非常に良くないです。現在はストレス社会と言われる程精神的な緊張状態が続く状況です。リラックスできない状態が長時間続くと、緊張から血管が収縮し、血の巡りが滞りがちになります。

慢性化した冷えからは色々な病気の発病率を上げてしまいますので規則正しい生活を心がけ、運動も適度に行って小まめにストレスを解消するなど、意欲的に体温を上昇させる対策に乗り出しましょうね。

ヨガ、自律神経、呼吸、ストレッチ、運動、ストレス解消、入浴、お腹を冷やさない 等
食べ物では しょうが 野菜の根菜類 ニラ・ニンニク・らっきょう;ネギなどの香味野菜などが体を温めます。
トマトやキャベツなどの生野菜は体を冷やしてしまいます
白砂糖は体を冷やすので、なるべく黒砂糖をとるようにしましょう。甜菜糖もいいです。
体を温めてくれる果物は、北のほうでとれる果物です。りんご、サクランボ、プルーン、ゆずなど。
反対に、南でとれる果物は体を冷やします。バナナ、パイナップル、メロン、レモンなど。
(ここで挙げた野菜、果物身体は冷やしますが、ビタミン他いい点も多くありますので一長一短ということですね)

ちょっとづつでも意識的に注意して見るといいかもしれませんね。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホームページ
プロフィール

tm natural body

Author:tm natural body
宮崎で隠れ家リラクゼーションスペースと出張のタイ古式ボディーケア natural body careです。
タイ古式マッサージ、フットマッサージ(リフレ)、ヘッドマッサージ、トークセン(木槌で筋肉、腱をたたき、こり、張りをほぐす方法)、ペアストレッチ、スポーツコースを行っております。
タイ チェンマイにて 指圧中心のバンコクスタイルと ストレッチも多く取り入れた色々な手技のチェンマイスタイルを学ぶ。フットリフレ、トークセン、ハーバルボール、ヘッドマッサージ、オイルマッサージ、ホットストーンマッサージ、チネイザン(気内臓デトックス)、ルーシーダットン、ハーブ製品作り等も学ぶ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
2501位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
癒し
263位
アクセスランキングを見る>>
拍手
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

携帯ブログ QRコード
QR
ブログランキング